【ほぼ変わらず】OPPO Reno 6 Pro スペック・価格・発売日まとめ!

oppo reno 6oppo
この記事は約3分で読めます。

スペック・価格・発売日

OSAndroid 11
CPUDimensity 1200
RAM/ROM8GB-12GB / 128GB-256GB
メモリ規格LPDDR4X / UFS 3.1
ディスプレイ6.55インチ / FHD+ / AMOLED / 90Hz
カメラ64MP / 8MP / 2MP / 2MP
(広角/超広角/マクロ/深度)
インカメラ32MP
バッテリー / 充電速度4500mAh / 65W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量177g
防水防塵規格非対応
対応バンド 5Gn1 / n3 / n41 / n77 / n78 / n79
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B26 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41
対応バンド 3GB1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
Antutu630,000点
価格60,300円~
発売日2021年 6月5日

Dimensity 1200にアップグレード

oppo reno6 日本発売

OPPO Reno5 ProではDimensity 1000+を搭載していましたが、新型のReno6 ProはDimensity 1200にアップグレード。

Antutuスコアは15%以上高くなり、大抵のゲーム・作業は余裕でこなすことができます。

通常、性能が高ければ高いほど消費電力も増えるものですが、プロセスが微細化したことで、電力消費量はDimensity 1000+と同程度まで抑えることが可能となっています。

Reno 5 Proからほぼ変化なし

oppo reno 6 日本発売日

Reno 6 ProとReno 5 Proの主な違いはCPUのみで、それ以外だと大きな差はありません。

にも関わらず、Reno 6 Proは約6万円と、スペックから考えればコスパは微妙。(Reno 5 Proは5.1万円)

さらに、Reno 6 Proと同等のスペックであるRealme GT Neo“の価格はなんと3.4万円

正直、わざわざ圧倒的にコスパの悪いReno 6 Proを買うよりも、Realme GT Neoをおすすめします。

まとめ

Reno 6 Proの良いとこ悪いとこ

良いところ
・トップクラスのCPU性能
・90Hzハイリフレッシュレート
・DCI-P3規格 広色域
・65W急速充電対応
・軽量な本体

悪いところ
・値段の割にスペックが低い (主にカメラ)

この記事は参考になりましたか?