【あまりにも微妙】oppo Reno 7 Proが発表。 スペック・価格・発売日まとめ!

oppo reno7 日本発売oppo
この記事は約4分で読めます。

スペック・価格・発売日

OSAndroid 11
CPUDimensity 1200
RAM/ROM8GB-12GB / 256GB
メモリ規格LPDDR4X / UFS 3.1
ディスプレイ6.55インチ / FHD+ / AMOLED / 90Hz
カメラ50MP / 8MP / 2MP
(広角/超広角/マクロ)
インカメラ32MP
バッテリー / 充電速度4500mAh / 65W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量180g
防水防塵規格非対応
対応バンド 5Gn1 / n28 / n41 / n77 / n78
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B28 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41
対応バンド 3GCDMA BC0 / B1 / B2 / B3 / B5 / B8
Antutu ver.9700,000点
価格67,000円~
発売日2021年 12月3日

Reno 6 Proと同じSoCを搭載

oppo reno 7 日本発売日

OPPO Reno 7 Proでは、先代のReno 6 Proと同じくDimensity 1200を搭載しています。

ただ、性能はグッと良くなっていて、Antutuスコアは70万点ピッタリ。

Reno 6 Proよりも5~8万点ほどスコアが高くなり、同じSoCと言ってもそこそこな性能差はあるようです。

ディスプレイは微妙

oppo reno7 日本発売

Reno7 Proは6.55インチのAMOLEDディスプレイを搭載、リフレッシュレート90Hzをサポート。

他のハイエンドだと120Hzに対応しているのが当たり前ですが、Reno 7 Proはそれらよりも30Hz低い数値。

また、最大輝度は920nitまでしか対応せず。これもまた、他のハイエンドスマホに比べて300~600nitsほど低いです。
(最大輝度は高ければ高いほど、明るい場所でも画面が見やすい)

さらに、表示できるカラーは8bit (1670万色) まで
最近のハイエンドは10bit (10億色) 対応の機種が多いですから、カラーの面でもReno 7 Proは微妙と言えます。

カメラ性能も低い

reno7 日本

リーク情報だと、Reno 7 Proのカメラ性能はReno 6 Proを大きく上回ると言われていました。

実際のところ、Reno 7 Proは50MP(広角)+8MP(超広角)+2MP(マクロ)のトリプル構成。

超広角・マクロの2つは完全におまけレベルの性能で、センサーサイズはかなり小さく、低照度性能は相当悪いです。

メインカメラにはSONY製イメージセンサーのIMX766を搭載。
センサーサイズ1/1.56インチ、ピクセルサイズ2.0μm (ビニング時) と、そこそこなハードウェアスペックを持っています。

イメージセンサー自体は悪くないのですが、Reno 7 ProはOISを非搭載

OISはほとんどのハイエンドスマホで採用されている手振れ補正システムですが、Reno 7 Proはコストカットのためなのか非搭載。

正直、OISが無い癖に6.7万円は高すぎです。これなら、値段の下がっているReno 6 Pro+を買ったほうが”圧倒的”に良いですね。

インカメラにRGBWカラーフィルター搭載

oppo reno 7 日本発売日

Reno 7 Proは世界初、インカメラにRGBWカラーフィルターを搭載。

RGBWは一般的なRGGBよりも多くの光を取り込むことができ、低照度性能の向上が期待できるほか、色再現性も高いとのこと。

まとめ:Reno 7 Proはあまりにも微妙

Reno 7 Proは、Dimensity 1200・IMX766・RGBWなど、スペック自体はそこまで悪くない性能があります。

とは言え、いかんせん値段が6.7万円ですから、価格から考えればだいぶ微妙な性能

特にカメラ性能が酷く、せめて超広角カメラは12MPか13MP、メインカメラはOISを搭載してほしいところです。

参考 : www.oppo.com

この記事は参考になりましたか?