【正式発表!】Black Shark 5 Proスペック・価格・発売日まとめ!

ブラックシャーク5 スペックXiaomi
この記事は約3分で読めます。

スペック・価格・発売日

OSAndroid 12
CPUSnapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM8GB-12GB-16GB / 256GB-512GB
メモリ規格LPDDR5 / UFS 3.1
ディスプレイ6.67インチ / FHD+ / OLED / 144Hz
カメラ108MP / 13MP / 5MP
(広角/超広角/テレマクロ)
インカメラ16MP
バッテリー / 充電速度4650mAh / 120W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量220g
防水防塵規格非対応
対応バンド 5Gn1 / n3 / n8 / n28 / n41 / n77 / n78 / n79
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B26 / B28 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
対応バンド 3GB1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
Antutu1,050,000点
価格81,600円~
発売日2022年 4月4日

強力な冷却システム

ブラックシャーク5

Xiaomi Black Shark 5 ProはSnapdragon 8 Gen 1を搭載し、Antutu100万点のハイパフォーマンスを誇ります。

8 Gen 1は前世代に比べて性能が大幅アップした一方、性能向上による発熱問題が発生。

SoCの温度が高くなりすぎるとサーマルスロットリングが起き、パフォーマンスがガクッと低くなってしまいます。

これを回避するため、Black Shark 5 Proでは5320㎟の巨大なデュアルVC冷却板を搭載。

2つのVC冷却板でSoCをサンドイッチすることにより、高負荷時の発熱を素早く冷却することができます。

ディスプレイはイマイチ

blackshark5

4Black Shark5 Proは6.67インチOLEDパネルを採用、リフレッシュレート144Hzタッチ感度720Hz最大輝度1300nitsなど、そこそこなスペックを持ちます。

では、何がイマイチなのか?
それは「可変式リフレッシュレート」に対応していないことです。

可変式リフレッシュレートの場合、シチュエーションに応じてリフレッシュレートを自動で下げ、バッテリーを長持ちさせることができます。

Black Shark 5 Proの場合、リフレッシュレートは144Hzで固定されているため、バッテリー消費が激しいことが予想されます。

120W急速充電対応

ブラックシャーク5 blackshark5

120W急速充電はハイエンドモデルで少しずつ広まっていますが、その中でも、Black Shark 5 Proは最速級。

4650mAhを約15分で満タンまで充電することができ、バッテリーへの負荷が少ないモードに設定したとしても、約24分で充電が可能です。


参考 : www.mi.com

blackshark5 / ブラックシャーク5 / ブラックシャーク5 発売日 / black shark 5 pro

この記事は参考になりましたか?