【1万円!】Xiaomi Mi 11 Proの偽物がAliexpressに登場。

xiaomimi11pro アリエクスプレスXiaomi
この記事は約4分で読めます。

Mi11Proの “偽物”

シャオミ mi11 pro

Xiaomi Mi11 Proは先日発表されたばかりですが、Aliexpressには早くも偽物が販売されています。

私のサイトでは偽物スマホについて いくつか記事にしたことがありますが、今回はトップクラスにヤバいです。

では、さっそく偽物のメインスペックを見ていきましょう!

スペック・価格・発売日 (ほぼ確実に嘘)

OSAndroid 11
CPUMTK6889+
RAM/ROM16GB / 512GB
ディスプレイ7.3インチ / WQHD+ / LCD / 60Hz
カメラ64MP
インカメラ32MP
バッテリー / 充電速度6800mAh / 不明
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量不明
Antutu不明
価格10,724円~
発売日2021年 4月

上の表は商品説明欄を参考に作りました。

ここからは、ひとつひとつの項目を詳しく見てみます。

ちなみに、偽Mi11 Proの名前は「Galaxy M11 Pro」だそうです。なんだそりゃ。

存在しないCPU

シャオミ mi11 pro

偽Mi11 ProはMTK6889+という名の謎のCPUを搭載。

MTK6889は偽スマホではド定番のCPUですが、MTK6889+なんて初めて見ました。

さらに、MTK6889+のコア数は10コアとのこと。 言うまでもなく、確実に “嘘”です。

一応MTK6889+について調べてみましたが、公式サイトもユーザーレビューも全くなく、Antutuスコアも不明。

つまり、そんなCPUはこの世に存在しません。

16GB+512GB

シャオミ mi11 pro

説明欄やタイトルには RAM16GB+ROM512GBと記載されていますが、本当でしょうか?

これだけ大容量なスマホであれば10万円近い値段がしても不思議ではありませんが、偽Mi11 Proは たった1万円弱。

他のパーツをどれだけ低価格に抑えたとしても、やはり1万円ちょっとで16GB+512GBを実現するのは不可能と言えます。

これも、嘘と考えて間違いないでしょう。

ディスプレイ

シャオミ mi11 pro

ディスプレイはサイズと解像度のみ記載されており、パネル(AMOLEDやLCDなど)やリフレッシュレートは不明。

価格からしてLCDの可能性が高く、リフレッシュレートは60Hz。

解像度はWQHD+とのことですが、まあ嘘であることはほぼ確実で、本当はHDかHD+くらいでしょうか。

また、偽Mi11 Proは左上にパンチホールを搭載しています。カメラ性能については以下。

カメラ性能

シャオミ mi11 pro

偽Mi11 Proは64MPのアウトカメラ、32MPのインカメラを搭載。

商品画像ではアウトカメラはトリプルになっていますが、メインカメラ以外はフェイクということになります。

画素数がやたらと高いのが気になりますが、1万円のスマホで64MP / 32MPのカメラなんて搭載できるのか?

CPUやディスプレイ同様、カメラも嘘のスペックである可能性が非常に高いです。

まとめ

偽Mi11 Proは大体のスペックが嘘と見て間違いなし。

これらのスペックを実現した場合、最安でも6~7万円くらいで販売しないと元を回収できないはず。

ほとんど嘘で固めたスペックなのは見え見えなのに、実際に偽Mi11 Proは10数台 売れているようです。

皆さん ネタで買っているのだと思いますが、1万円でこれを買うほどの勇気は私にはありません…

ついでに、私が予想している偽Mi11 Proの本当のスペックと、Aliexpressのリンクを載せておきます。

OSAndroid 5
CPUMTK6580
RAM/ROM2GB / 16GB
ディスプレイ7.3インチ / HD+ / LCD / 60Hz
カメラ13MP
インカメラ8MP
バッテリー / 充電速度6800mAh / 不明
生体認証顔認証
重量不明
Antutu2万点弱
価格10,724円~
発売日2021年 4月

この記事は参考になりましたか?