【正式発表!】Redmi Note 11 Pro+ スペック・価格・発売日まとめ!

redmi note 11 proXiaomi
この記事は約6分で読めます。

Redmi Note11 Pro+発表! 主な特徴は何?

redmi note 11 pro スペック

Redmi Note 11シリーズは10月28日に正式発表され、シリーズでは「Redmi Note 11」「Redmi Note 11 Pro」「Redmi Note 11 Pro+ (Plus)」の3機種をラインナップ。

今回の記事ではRedmi Note 11 Pro Plusにフォーカスを当て、主な特徴についてお話するとともに、Redmi Note 10 Proとの違いについても解説します。

Dimensity 920搭載

redmi note 11 pro 発売日

Dimensity 920はMediaTekの最新ミドルハイレンジCPUで、2.5GHz駆動のARM Cortex A78を2つ搭載しています。

Antutuスコアは50万点ほどと、ミドルハイレンジの中でもトップクラスに優れたパフォーマンスを誇ります。

また、Redmi Note 11 Pro+ではVC液体冷却システムを搭載し、ハイパフォーマンスを長い時間持続させることができるとのこと。

AMOLED 120Hzディスプレイ

xiaomi redmi note 11 pro

Redmi Note 11 Pro+はAMOLEDパネルを採用し、リフレッシュレートは最大120Hzに対応。

さらに、タッチ感度360Hz、最大輝度1200nits、450万:1のコントラスト比、DCI-P3規格の広色域カバーなどなど、とても3.4万円のスマホとは思えないハイスペックディスプレイ。

画面上部中央には直径2.96mmの極小パンチホールインカメラを搭載、ベゼルは最細部で1.75mmです。(画面下部には若干のアゴあり)

108MPトリプルカメラ

redmi note 11 pro スペック

先代のRedmi Note 10 Proでは108MP+8MP+5MPのトリプルカメラでしたが、今回の11 Pro+は108MP+8MP+2MPのトリプル。

メインカメラ・超広角カメラの画素数は変わりませんが、テレマクロカメラの画素数が半分以下に下がりました。


メインカメラにはSAMSUNG製イメージセンサーのISOCELL HM2を採用。

HM2は108MPセンサーとしては最も安価なモデルで、9in1ピクセルビニングに対応。

Redmi Note 10 Proでも同じセンサーを搭載しており、昼間の撮影程度なら問題ないくらいの性能があります。

ただ、低照度性能は悪いため、夜間の撮影には不向きです。

120W急速充電対応

redmi 11 pro

Redmi Note 11 Pro+は120Wの超急速充電をサポートし、0~100%充電するのにかかる時間は15分。

たった5分あれば、30%以上充電することが可能。これは、Redmi Note 10 Pro比で4倍近い充電速度です。

120W充電はハイエンドだと普及しつつありますが、ミドルハイレンジで対応したのは世界初となります。

Redmi Note 10 Proとの違い

redmi note 11 pro

Redmi Note 11 Pro+とRedmi Note 10 Proの主な違いは以下の3点。

・CPU
・カメラ
・バッテリー


まずはCPUの違いから見ていきましょう。

CPU

Redmi Note 11 Pro+ : Dimensity 920 (Antutu50万点)
Redmi Note 10 Pro : Snapdragon 732G (Antutu 30万点)


Antutuスコアを見ればわかる通り、両機種では圧倒的な性能差があります。

Note 10 Proは普通のミドルハイくらいの性能だったものが、Note 11 Pro+はミドルハイの中でもトップクラスのパフォーマンスにスペックアップ。

また、Note 11 Pro+は5Gもサポートしています。

カメラ

Redmi Note 11 Pro+ : 108MP(広角)+8MP(超広角)+2MP(テレマクロ)
Redmi Note 10 Pro : 108MP(広角)+8MP(超広角)+5MP(テレマクロ)


両機種は非常によく似たカメラスペックをしていて、メインカメラのイメージセンサーは全く同じ。(おそらく超広角も同じ?)

違いはテレマクロで、Note 11 Pro+は画素数が大幅にダウン。
マクロや超広角のようなサブのカメラの場合、画素数はかなり重要なポイントになります。

正直、Note 11 Pro+のテレマクロカメラの画質には全く期待できません。

バッテリー

Redmi Note 11 Pro+ : 4500mAh / 120W
Redmi Note 10 Pro : 5020mAh / 33W


Note 11 Pro+はミドルハイレンジ機種としては世界初、120Wの超急速充電に対応。

Redmi Note 10 Pro比で4倍近い速度になり、0~100%まで充電するのは15分しか掛かりません。

Aliexpressで販売開始

Redmi Note 11 Pro+は11月1日から販売を開始。すでにAliexpressでも取り扱いが始まっています。

Aliexpressでは、メモリ容量が6GB+128GB / 8GB+128GB / 8GB+256GBの3種類、カラーはブラック・グリーン・パープルの3色をラインナップ。

最安の6GB+128GB版の価格は39,414円。発表時の価格(3.5万円)から考えれば、Aliexpressはだいぶ割高。

と言っても価格はそのうち下がりますから、いったんカートに入れて待つのもアリですね。

参考 : weibo.com

スペック・価格・発売日

OSAndroid 11
CPUDimensity 920
RAM/ROM6GB-8GB / 128GB-256GB
メモリ規格LPDDR4X / UFS 2.2
ディスプレイ6.67インチ / FHD+ / AMOLED / 120Hz
カメラ108MP / 8MP / 2MP
(広角/超広角/テレマクロ)
インカメラ16MP
バッテリー / 充電速度4500mAh / 120W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量204g
防水防塵規格非対応
対応バンド 5GSA / NSA
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B5 / B8 / B19 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41
対応バンド 3GB1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
Antutu ver.9500,000点
価格34,500円~
発売日2021年 11月1日

この記事は参考になりましたか?